まほろば紀行

traveleco.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

文化遺産を巡るの巻~片樋まんぼ

集落に走る真新しい道を走っていると、それは突然現れた。
民家の間に通る細い通路に、でかでかと駐車場の矢印を発見した。
車が一台通れる通路を徐行しながら進むこと数十メートル、立派な駐車場には、車は一台も無かった。

駐車場横の砂利道を歩いていくと、これまた解りやすい黄色の看板が建っていた。
e0307890_16465821.jpg
e0307890_16473674.jpg
実を言うと、先般紹介した三岐鉄道からここまで車で数分の距離にも関わらず、不覚にも一時間近くもかかってしまった(汗)
現地で資料を調達しようと思ったのだが、当地の情報を得られず四苦八苦していた。
無事に到着してみれば、なんと堂々とした看板だろうか?感服しました……

さて、黄色の看板からは想像しにくが、隣を見れば地下空間への入り口が大きな口を広げているではないか!?
e0307890_16124954.jpg
躊躇することなく吸い込まれていく私……
そして、暗闇を照らす文明の利器が左手にあった。
e0307890_16132783.jpg


下流スイッチオン!

e0307890_16134695.jpg
上流スイッチオン!
e0307890_16152256.jpg
片樋まんぼとは簡単に説明すると、片樋地区にある水田用用水路(まんぼ)という。総延長1kmにも及ぶ用水路である。そして、多くの歴史が詰まっていることを書き加えておく。

下流を覗いていたら、声をかけられた。振り返るとおじさんがいた。
昔は、年中水が流れていたそうだが、近年の土地区画整理事業により、10月にもなると、まんぼの水はなくなってしまうのだそうだ。。

さらにおじさんは、言う。下流を50mも進めば隣のお宅へ行けると!
いやいや、いくら水が流れてないからといって、いくら私が軽装だからといって、人がかがんでやっと通れる大きさの用水路に入る勇気は無かったのであった。

三重県いなべ市より








[PR]
by travel2013 | 2015-12-29 17:23 | 三重紀行 | Comments(0)

土木遺産を巡るの巻~ねじり橋とめがね橋

時は、大正5年……世界は、鉄不足にみまわれていたそうな。
そんな時代にあって、地方における土木現場は、か弱い悲鳴ならぬ野太い
野次にも似た雄たけびが響き渡るのであった。

この難局に男達は立ち上がった!技術の粋を結集し、鉄に変わる建材を活用することに成功したのだ。その名はコンクリートブロック。

草木が生い茂る道の横には、江戸時代に作られた用水路があった。上部には、アーチ橋が見える。
用水路と橋が斜めに交差しているためコンクリートブロックをひねるという、ウルトラCの技術が凝縮された、通称ねじり橋
e0307890_17520159.jpg
e0307890_17523245.jpg
e0307890_17530113.jpg
e0307890_17534472.jpg
怒涛のひねり技に、頭もひねりながら記念撮影を抜かりなく終えれば、もう一つの土木遺産へ向うことに。
眼鏡橋は、全国的にも数多く存在するが、コンクリートブロック製は、大変珍しいらしく、当路線の有名な撮影スポットである。
e0307890_17542604.jpg
e0307890_17553337.jpg
e0307890_17562170.jpg
e0307890_17565883.jpg
眼鏡橋のスケールと黄色い車体がかわいらしいく写る。
そして、建設から来年で100年目を向かえる”アーチ橋”は今、地方都市を救う遺産として活躍している。

三重県いなべ市 三岐鉄道北勢線にて






[PR]
by travel2013 | 2015-12-28 20:20 | 三重紀行 | Comments(4)

時空の架け橋

林の中に埋もれた世界

やがて現れる土塁と石垣の存在

石垣を結ぶ唯一無二の無機質の塊

それはコンクリート橋
e0307890_00042852.jpg
e0307890_00050015.jpg
e0307890_00053690.jpg
e0307890_00062152.jpg
e0307890_00070188.jpg
この場所には、時空の架け橋が存在する

そして絶え間ない時間の中で、林の静寂とシンクロする時

パラレルワールドが広がるばかりだ……


[PR]
by travel2013 | 2015-12-02 00:58 | 滋賀紀行 | Comments(2)

旅初心者が旅人を目指して奮闘する旅紀行です。


by たびんちゅに憧れて
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31